熊本脳神経外科病院|脳ドックのご案内

HOME > 脳ドックのご案内
脳ドックのご案内
脳ドックのご案内
ご予約等について
検査コースのご案内

早期発見、早期治療があなたの健康を守ります。

脳ドック
脳ドックを受けるに当たって、検査前の注意事項やご予約方法など詳しくご説明いたします。

詳細ページへ
検査コースのご案内
検査コースやオプションの内容をご紹介いたします。
詳細ページへ

脳ドックの必要性

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血に代表される脳卒中は、日本人の死因第4位に挙げられる罹患率の高い疾患群です。脳卒中の最も恐ろしい点は、前触れもなく突然発症することが多いことで、発症後、救命できたとしても、痺れや運動障害などの後遺症が残り、重症の場合は寝たきりとなってしまうこともあります。ご本人様の社会生活に大きく影響するだけでなく、ご家族様にとりましても介護が必要になったりと大変な負担がかかることになってしまいます。


しかしながら、脳卒中は生活習慣病とも言われているように、私生活の改善MRIによる症状の早期発見により、発症を未然に防ぐことができます。疾患により、私生活が大きく影響するもの、持病が影響するもの、遺伝が影響するものなど、様々な原因(リスクファクターと言います)がありますので、そういったご自身のリスクファクターをしっかりと把握しつつ、これから脳卒中にならない生活を送るための様々なご提案をさせていただきたい。そのことが、当院が脳ドックを行う上での一番の思いです。

脳ドックの目的

  • 脳動脈瘤を早期発見し、くも膜下出血を未然に防ぐ
  • 虚血性変化を発見し、脳梗塞を未然に防ぐ
  • 危険因子を把握し、脳卒中の原因となる動脈硬化を未然に防ぐよう(進行を遅らせるよう)生活改善を促す

当院脳ドック3つの特徴

  • 日本脳ドック学会認定施設

    当院は日本脳ドック学会より「脳ドック認定施設」としての認可を受けており、質の高い安心・安全な脳ドックをご提供できるよう努めております。

  • 高磁場 3.0T(テスラ) MRI装置

    脳ドックの中心となるMRI検査には、Philips社製 3.0T MRI装置を用いております。脳ドックで用いられるのに一般的な1.5TのMRI装置と比較し、高画質な画像をご提供します。1.5T MRI装置では分からないような小さな病変や細かい血管の描出などに優れています。

  • 脳神経外科専門医による結果説明と検査後のフォロー

    熟練の脳神経外科医が専門的な立場から適切な結果説明をいたします。万が一、検査の結果病気が見つかった際には、その後も引き続き当院での専門的な医療サービスをご提案いたします。

MRI画像

脳ドックのご予約と受付時間について E-mailでのお問い合わせ
ご予約窓口と受付時間について

【予約受付時間】
(月〜土)午前9:00〜11:00/午後13:00〜16:00

診療のご案内 施設のご案内