医療法人 熊愛会熊本脳神経外科病院

簡単診断の結果

※結果はあくまでも可能性のある病気です。正確な診断には、医師による診察が必要です。

ついさっき行ったことを忘れる。

という症状から疑われる病気は、


アルツハイマー型認知症

血管性認知症

レビー小体型認知症

前頭側頭型認知症

である可能性があります。

特徴

認知症の中で最も患者数が多いのはアルツハイマー型認知症です。アミロイドβというタンパク質が脳に過剰に蓄積することなどで、 脳の萎縮や神経細胞の機能不全を起こします。記憶障害や物取られ妄想などが特徴的な症状です。次いで多いのは血管性認知症です。脳卒中による脳細胞の壊死が広範囲に及んだ結果、認知症状を呈する病気です。脳卒中によって突然発症する場合や、脳卒中を繰り返すことによって段階的に症状が出てくる場合がありあます。その他、幻視(見えない物が見えていると勘違いをすること)や睡眠中の行動障害が特徴のレビー小体型認知症や、人格変化・行動異常が特徴の前頭側頭型認知症などがあります。記憶障害や、時間や場所が分からない、正しい動作を行えない、という症状は全ての認知症に共通の症状です。

当院でできること

水頭症・ビタミン障害・慢性硬膜下血腫などの病気に付随して認知症状が起こる場合がありますので、まずはそういった病気の有無をCTやMRIで確認します。それらの病気でない場合は、診察、認知機能検査、脳血流検査などによって認知症の分類を明確にしていきます。治療は主に、分類に応じたお薬の処方を行います。併せて、認知症が進行すると問題行動などが出てくるため、ご本人・ご家族様に向けて、それらに備えるための情報提供を大事にしています。

* 必ずしもこの通りではありません。診察の結果、医師が必要と判断した検査を行います。

アクション

脳神経外科でも認知症の治療が可能です。また、当院には神経内科医も在籍しておりますので、安心して受診されて下さい。